モノサツ3Dには、3つのレンダリング(3DCG描画)エンジンがあり、それぞれ必要とする環境が異なります。

各レンダリングエンジンの特長

標準エンジン DirectX(ダイレクトエックス:Microsoftが提供する3DCG描画ライブラリ)の標準機能を使って3DCGを生成します。
影や2D画像を用いた凹凸表現等はできません。
高機能エンジン(推奨) DirectXに加え、独自の描画プログラムを用いて3DCGを生成します。影の表現や凹凸、メタリック等繊細な質感表現できるのでリアル感が向上します。HDR(High Dynamic Range)モードで使用すると、輝きの表現が自然になるのと同時に全体の明るさやコントラストが簡単に調整できるようになります。表現力と扱いやすさに優れる高機能エンジンでの利用をおすすめします。
リアルタイム
レイトレエンジン
高機能エンジンの特徴に加えて、反射や屈折計算を正確に行うことでガラス、透明物、液体の表現力が格段に向上します。計算量が増大するので、標準エンジン、高機能エンジンと比べて描画速度が低下します。

モノサツ3D 動作環境

項目 必要環境
標準エンジン MicrosoftWindows XP SP3以降
MicrosoftWindows Vista
MicrosoftWindows 7
MicrosoftWindows 8、8.1
32bitアプリケーションとして動作 (64bit環境でも32bitで動作)
CPU Intel PentiumⅣ 2.0GHz相当以上
デュアルコア以上
メモリ 2GB以上
ビデオカードを搭載しない場合はシステムメモリと共有されるため4GB以上を推奨
ビデオカード
モノサツ3Dは3つのレンダリング(CG描画)エンジンがあり、それぞれ必要とする環境が異なります。
表現力と扱いやすさに優れる高機能エンジンでのご利用をおすめめします。
高機能エンジンは、Intel系 HD3000、HD4000、HD5000シリーズ 相当以上で動作可能です。
リアルタイムレイトレーシング 高機能エンジン(推奨) 標準エンジン
表現できないもの:
一部のマッピング機能
(詳細についてはお問い合わせください)
表現できないもの:
正確な反射、屈折表現
表現できないもの:
正確な反射/屈折、影、高輝度表現(HDR)、バンプマップ etc(詳細についてはお問い合わせください)
Shader Model 3 対応カードVRAM 768MB 以上
NVIDIA GeForce 8600 以上
NVIDIA Quadro 1700以上
ATI Radeon HD 4850以上
ATI FireGL V8600以上
Shader Model 3 対応カードVRAM 512MB 以上
NVIDIA GeForce 6600以上
NVIDIA Quadro 3400以上
ATI Radeon1600以上
ATI FireGL Pro V3700以上
Intel系 HD3000、HD4000、HD5000シリーズ 相当以上で動作可能
NVidia、AMD(ATI)ビデオカードNVIDIA Geforce2 以上
ATI Radeon7500/8500 以上
オンボードチップの場合
Intel 845G以上
マウス ホイール付きマウス または 3ボタンマウス
表示解像度 解像度 1280x960 以上を推奨

製品に関するご相談は問い合わせページをご覧下さい。 お電話でのご相談は03-3457-8120まで。